体臭と意外な関係があるもの、臭くない身体に

体臭と意外な関係があるものとは?臭くない身体にしましょう。臭いを悪化させないためにはどうすればいいのか。

体臭と意外な関係があるもの、臭くない身体に

野菜不足の人が多いこともあってか、世の中には便秘で悩んでいる人が大勢います。

週に数回程度しか出ないという人もいれば、1週間に1度しか出ない人など程度はかなり人によって違います。ただ、それだけ体内に老廃物がたまった状態が続いているということは、決して体にとって良いことではありません。毎日、すっきりとしたほうが体にとってとてもいいことです。

腸の中に便がたまっているだけで、体調が悪くなることがありますが、影響があるのは体調だけではありません。自分でも何かを感じていませんか。何か自分から臭いが出ているような気がするでしょう。体臭を発生させてしまうのです。汗の臭いが気になったり、口臭が気になったりしませんか。それは、便が体内にたまっていることが影響しているからです。

どうして、便が体内にたまっていると体臭に影響が出てしまうのでしょうか。腸内にいつまでも便がたくさんたまっていると、腸内の悪玉菌が増えてしまいます。悪玉菌が増えれば便が腐敗したり、発酵が進みます。すると、発がん性物質なども発生してしまいます。本来であれば、体外へ排出されるべきものが体内に滞った状態が続いてしまうと、腸壁に吸収されて血管内に有害物質が流れていきます。すると、全身に有害物質が行き届くのです。

有害物質が汗や口などから排出されるのですが、この時に、腐敗臭などの悪臭も一緒に放出してしまいます。だから、嫌な臭いが気になるのです。臭いにも個人差がありますが、便のような臭いがすることもあるでしょう。もともと便から排出された有害物質ですから、便のような臭いがすることも珍しいことではありません。

どうすれば良いのかというと、やはり、便秘を解消することが一番です。すでに腸内の悪玉菌が増えていますし、もともと便秘の人は善玉菌が少ないので、発酵食品や善玉菌のえさとなるオリゴ糖などをなるべく食べるようにしてください。もちろん、便の材料となる食物繊維も大事です。食物繊維をたっぷり摂取して、便のかさを増やしましょう。そうすると、より便が体外へと排出されやすくなります。

お通じさえよくなれば、気になる体臭がなくなります。悪玉菌が腸内でかなり増えていますから、悪玉菌を減らすだけでもある程度の効果があるかもしれません。ただ、ずっとこの状態が続いている人は、自分ではあまり体臭が気になっていないこともあります。周りの人は気付いているかもしれませんし、便秘だと自覚しているのなら、改善するための努力はしたほうが良いです。

便秘になると体調を崩しやすくなったり、ニキビができたり、化粧ノリが悪くなるなどはよく耳にするかもしれませんが、体臭にも大きな影響を与えています。嫌な臭いがすると気がついてはいるものの、何が原因かがわかっていない人は、便秘を疑ってみたほうが良いかもしれません。毎日、すっきりしていない人は、毎日便が出るようにコツコツと努力を続けてみてください。

汗の悩みはワキカラで解決! http://waki-kara.com/

公開日:
最終更新日:2016/08/22