体臭と意外な関係があるもの、臭くない身体に

体臭と意外な関係があるものとは?臭くない身体にしましょう。臭いを悪化させないためにはどうすればいいのか。

便秘を治すために、便秘になる原因を正しく理解

   

どうして便秘が直らないんだろう、どうすれば直せるのだろう。
このように悩んでる方もおられるかもしれません。

便秘を治すためには、便秘になる原因を正しく理解しなければなりません。

これから便秘になる原因を解説しますので、ぜひ注意深くご覧になってください。
最初にお伝えしておきますが、便秘になる原因は一つではなく複数の原因があります。

その複数の原因を一つずつ解説していきますが、自分がどれに当てはまるのかをチェックしてみてください。
まず一つ目の原因は、食事の量が少ないことです。

これはコロンブスの卵のような話ですが、食事の量が少ないと、腸内が排便が必要になるほどの量に達していないので、排便が行われません。
排便は基本的に腸内の不要物が許容量に達したときに行われますので、食事の量が少ないとその許容量に達していないので、排便は行われません。
これが一つ目の理由です。

二つ目の理由は、刺激の強い食事ばかりをしているということです。

刺激の多い食事を頻繁に繰り返すと、腸内のバランスが崩れて、スムーズな排便が行われなくなります。
腸内のバランスが崩れるとは、具体的には、腸内の善玉菌が減少してしまうということです。

腸内の善玉菌が少なくなると腸内の正常な活動が行われなくなり、スムーズな排便ができなくなります。
そしてこのことは、刺激の多い食事を摂ることによって起きます。

これが、便秘になる二つ目の原因です。

三つ目は、ホルモンバランスと自律神経のバランスを崩してしまうことです。

ホルモンバランスと自律神経の働きは腸内環境に深く関与しており、この二つの働きが正常でなくなると、腸内活動も正常でなくなり、結果として便秘を招いてしまいます。

したがって、ホルモンバランスと自律神経のバランスがおかしくなることは、便秘を招いてしまう大きな原因となります。
四つ目は、運動不足で基礎代謝が低いことです。

人間は運動不足になると、腹筋が弱くなり基礎代謝が下がって、さらに腸管の緊張も緩んでしまい、便秘を招いてしまいます。
したがって、便秘が長く続いている人は、運動不足になっていないか、また基礎代謝が下がっていないかをチェックしましょう。
五つ目は、大腸がんや大腸ポリープになっていることです。

こうした腸関連の病気になると、便の通り道がシャットアウトされ、スムーズな排便が行われなくなります。
その結果として、便秘になることがあります。

以上のように、便秘になる原因は一つではなく複数の原因がありますので、自分がどれに当てはまっているかを確認してみてください。
原因が分かれば、便秘を治す方法も分かるようになります。

 - 体質